スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシングの具体的方法

キャシングの方法

どうやって借りるかを時系列で検証します。


どの業者で借りるか?

消費者金融でお金を借りるためには、どの業者で借りるかを決めなければなりません。しかし初めての方は、業者の金利も特徴も評判もわかりませんので、TVCMなどで印象に残った業者に申込みするかと思います。


申込みする方法
消費者金融でお金を借りようと考えている方の疑問の一つに、どういった申込み方法があるのかということでしょう。各業者によって申込み方法は大まかに分けて店頭、自動契約機、電話、ネットの4種類となります。


借りるための資格と必要書類
基本的に20歳以上で定収入があれば申込みができます。専業主婦でも夫が働いていれば申込みすることが可能です。また、パートやアルバイトなどの方でも問題なく申込みができます。論外として無職で配偶者も無職だった場合は申し込み出来ません。必要書類は免許書や保険証などがあれば問題ありません。

申込みに必要な聞き取り情報
申込みに必要な情報は氏名や住所などの基本的内容の他に勤務先名や年収など収入に関する事柄があります。やましいところが無ければすんなりと答えられるものとなっています。

以下の情報をご覧下さい。


申込みに必要な聞き取り情報一覧

本人情報 氏名/住所/本籍/性別/生年月日/自宅電話/携帯電話(その名義人名)
既婚or未婚/保険証の種類(社会保険や国民健康保険など)/干支/星座

住まい等情報 住まい(自己所有や賃貸マンションなど)/家賃/居住年数/同居家族など

収入関連情報 職種/業種/年収/勤務先名/勤務先電話番号/勤務先住所/勤務年数

他社利用情報 他社利用件数/他社利用残高

申込関連情報 融資希望額/借入用途(買い物や旅行など)/連絡希望先や時間帯など

なぜこれだけ申込情報が必要なのか?

業者によっては上記項目で不必要となる場合がありますが、それでも多いという印象を持つ方もおられるでしょう。なぜこれだけの申込情報が必要と答えるならば、これが信用となるからです。消費者金融はこれらの情報を全て信用することで始めて貸し付けることが可能となるのです。


ネットでの申込み後にはどういった手順で融資されるの?

これらを送信すると連絡希望先に指定した時間に申込みの確認として業者から連絡してきます。「この内容で間違いないですか?」といったようなものです。間違いなければ「今から審査を開始します」と言って一旦電話を切ります。時間にして早ければ15~40分くらいで審査が完了し電話かメールで審査結果を伝えます。審査が可決すれば希望の振込先に希望した額が融資されるということになります。

仮に銀行の営業時間が過ぎていた場合は銀行の翌営業日に振込融資されます。振込融資の場合は一切店頭に行くことなく利用することが可能ですから契約書やカードは後日郵送されます。また身分証明書について審査前にFAXなどで送信する場合や後日郵送で構わない業者があります。


店頭での申込み方法

店頭での申込み方法は免許書や保険証などの身分証明書を持参します。

店頭でも自動契約機でも上記の申込情報を申込書などに書き込みます。申込書を提示し内容の確認が終われば審査が開始され可決された場合はその場でカードを受け取ることができます。

自動契約機の場合はほとんどが画面操作のみで申込みが可能です。


申込みについてのちょっとした話・・・

ネットから申込むのが最も気分的に楽な申込み方法だと思いますね。ほとんどの業者はネットから申込み後に電話がかかってきて申込み内容の確認など行い、審査開始→審査結果の電話→振込融資という状況です。

スポンサーサイト

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カード情報
PR
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。