FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申込時に失敗しないために

借入に失敗しないために

申込み内容には盛りだくさんの「罠」とも言えるものが仕掛けられています。

申込みの欄に使用目的というものがあります。

要するに借りて何に使うか教えろという訳なんですがココは罠です。
レジャーや買い物などの理由は1番無難な理由でOKです。

NGワードの1つ目は、ギャンブルが上げられます。
パチンコや競馬はまず通りません。これは殆どの人が理解できると思います。

NGワード2つ目は他社への支払いです。
最初からおまとめローンなどの場合は問題ないんですが通常は、「自分のところで借りて他社に返済」は金融業界ではあってはならない理屈です。現実にはいくらでもあるんですが、借入先にバレては絶対に貸してくれないということです。


3つ目は生活費ですね。
生活費を借りるということは最低限のお金がないと思われます。
ということは正常な返済ができない可能性大なのでダメになります。


星座や干支なんて申込み時に聞かれる場合があります。
ここで戸惑えば罠にハマること確定です。

これは年齢に嘘偽りがないか試しています。

普通こんな嘘は言わないもんなんですが、家族名義や拾った免許証なんかで借りてしまおうという輩に対しての防御策です。

普通は大丈夫ですが、自分の干支を知らない人は同期の友人に聞いておくことを勧めます!



他にも他社の利用件数や残高などの欄があります。

他に借入があるのに0件と記入したり100万円残高があるのに20万円と記入したり、していないでしょうか?
ここを1番の罠ですよ1番の。「嘘書いてもバレないだろう」と思った人は間違いです!

あなたの借入情報が信用情報期間で事細かく載っています。

これを見比べられるので、件数間違いが残高に大きな食い違いがあると、もう融資不可決定です。
「じゃあ、なぜこんな項目が?」と思われるでしょう。

これはご利用は計画的にしているかのテストです。

計画的じゃない人は自分にいくら借金があるかわからないので業者はこぞってそういう罠を仕掛けているんです。

ここで言う他社利用は消費者金融だけです。

信販系や銀行系などのクレジットカードなどのキャッシングやその他のローンのことは書かなくて良いです。これは調べませんので。

というよりも信用情報期間が違うため調べることができません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カード情報
PR
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。